【女装的生活】胸がほしいからといって男が女性ホルモンすると後悔するんだと思った。

みなさん、こんにちは。

世の中は4連休最終日だね~。

わたしはお仕事もしつつ、身体も休めつつって感じで・・・・!

てゆか暑すぎて、外に出かける気になんない!

まじで狂気的な暑さだよね。狂気的?使い方あってんのかな?

まぁいいやw

だからね自宅でゲームしたり、ネットフリックス見たりまぁ、色々と一人でマッタリしてるわけなんですが・・・

そんな時に、ベッドでゴロゴロとしてたら、ふと「え?おっぱいつけたい」って天からインスピが下りてきたわけ。(どんな状況よw)

もちろん、仕事まだまだ山盛りうんこ的に残ってるし、手を止めずにやっていきゃなきゃならんこといっぱいあるのだけれど、そんな時でも「え??わたし、おっぱいつけて女装してみたいかも!」って思ってしまったの←しつこい。

でね、別に女の子になりたいわけじゃなくて、おっぱいだけつけたいから、やっぱり真っ先に思い浮かぶのは女性ホルモンなわけじゃん?

時間あるし、ググろう~と思って色んな記事みたんだよね~。

今日はそんなお話!

あ、ちなみにまったくおもしろくないからね!ただの雑記ブログだと思ってみてよね~。笑

女性ホルモンは胸をつけたいだけの理由では絶対やらない方がいいらしい。

わたしはまず、「女性ホルモン 男」みたいな感じでGoogle先生に聞いたわけ。

まぁいっぱい出てくるわ、出てくるわ。

で、女性ホルモンは主にみんな注射を思い浮かべると思うんだけど、わたしはそんな女体化は目指してなくて、「胸だけ」少し今よりもふっくらさせたいなぁって思っただよね。

でも、そういう人多いと思う。

女装がこなれてきて、ヒールとかドレスとかキレイなやつ、もっと着こなしたい♡とかめっちゃ思っちゃうんだよね。

だから、おっぱいほしいし、あと女装して外で歩く時におっぱいあった方が何かと有利じゃん?←笑

で、私の中で注射って本格的なイメージあって、結構反応が大きく出るイメージがあるから、注射はわたしの中ではあんまり調べる対象になかったの今回。

そしたら、後は飲み薬と貼るタイプの(パッチタイプ)女性ホルモン、塗るタイプの3パターンにわかれるわけじゃん?

この3つは注射よりも、反応緩やかに出るっしょ♡

とか思ってたんだけど、ところがどっこい!

ググる内に、気軽にこうゆうのマジやめた方がいいってことがわかったんだよね。

まず、ホルモンって生涯で耳かき1杯分くらいしか、そもそも作られないものらしくてほんの少しでも、増減させると身体に大きな影響があるんだって。

なんかイメージでいくと50メートルプールに金魚を放って、1滴ホルモンを垂らすだけで死んじゃうくらい、毒なんだって、実は。

そんな少量でも人体に多大な影響を与えるものを軽々しく操作しちゃうのは良くないよね。

でも、それを前手で知ってたから私の場合、注射じゃなくてサプリとかで少しずつ胸ふっくら作戦♡とか考えてたんだけど、注射じゃなくても全然身体に影響あるらしいから、まじでここらへんは慎重にやるべきだね、と思った。

なにかしらの女性ホルモンを3カ月以上続けた場合、もう後戻りできなくなるらしい。

で、女性ホルモンを投入するのには、注射・飲み薬(サプリ)・塗薬・パッチ(貼り薬)の4択なんだけど、結論、全部影響大きすぎぃいぃぃい!

わたしも調べて初めて知ったんだけど、ホルモンの操作をすると男性機能が低下したり、体調不良が続いたりそういうことを不可逆的な反応って言うらしいのね。

例えば、勃起不全とか射精できなくなるとか、うつになるとか頭痛とか。

3カ月続けて、女性ホルモンを投与し続けると、この不可逆的反応がどんどん濃くなって、もう後には戻れなくなるみたい。

そうなると、一生走り続けないといけない(投与し続けないといかない)身体に変化してしまうんだって。

つまり、今健康的に暮らしてる人はその感じを維持できないっていうのよ。もちろん個人差はあるみたいだけど。

そう考えると、ほんとに女の子として生きていくって人とか相当な覚悟を持たないと女性ホルモンってやっちゃいけないいんだな~って改めて感じた。

立ち止まって調べる時間ってまじで大事だよね。

で、そもそもなんだけど、病院でホルモンの量を調べてもいないのに、個人輸入で女性ホルモンのサプリとか貼り薬なんかもやらない方がいいんだって。

もちろん、ここで言ってるのは女性ホルモンサプリが作用強いってことであって、女性の身体を整えるサプリは全然肌とかキレイになるし、いいと思うの。

女性ホルモンの飲み薬で結構、記事で取り上げられてるのはプエラリアってやつが一番出てくるね。

あ、別にプエラリアがヤバい薬とかって意味じゃなくて、心身ともに健康な身体の私が、安易にこういった作用の強いサプリに手を出すのがどうなんだろうって思ってるだけだからね。

だから、ほんとに試してみたい人は全然試していいと思う。

あと貼り薬はクリマラ(なんか名前エロくない?w)とかエストナーラ、塗り薬はヒメロスとかバストミンが私は気になったかも。

でも、やっぱり深く情報をググっていくと海外とかの作用が強い奴は危険なんだって~。やっぱり慣れてる医師にまずは相談した方がいいんだって。

何かあっても全部自己判断になっちゃうしね・・・。

性別適合手術って保険効くらしいんだけど、女性ホルモンを先にやっちゃうと保険効かなくなるみたいで、ここらへんもまた詳しくは別記事で書くねー!

って話、飛びすぎなんだけど・・・・笑

話題を戻すと、胸をふっくらさせたいならエストロゲンを増やすんだけど、そのエストロゲンと似た作用もイソフラボンにあるじゃん?

だから、わたしは女性ホルモンクリームとかパッチとか飲み薬を服用するんじゃなくて、まずはイソフラボンの普通に売ってる健康食品で今はいいかな~って思って、そこらへんもググってみたのよ!

わたしググるのすごいしゅき♡すきぴwww

でもね、実はイソフラボンも過剰摂取はヤバいらしいのw

簡単にいうけど、女性ホルモンのエストロゲンの分子構造とイソフラボンの分子構造って激似らしいのね。

で、男性でも体内で女性ホルモンは超微量に作られてるから、その体内で作り出された女性ホルモンの受け皿的なとこが体内にあって、そこに生成された女性ホルモンがハマることでなんかその個人のホルモンバランスが取れてるんだって。

でもイソフラボンをたくさん摂りすぎると、その受け皿に自分の作った女性ホルモンじゃなくて、イソフラボンを身体が間違えてはめ込んでしまうみたいで、なんか逆にホルモンバランス崩れることもあるらしい。

ごめん、めっちゃザックリだから、詳しく知りたい人は自分でググってねw

あと1日で摂取していいイソフラボンの量って決まってるらしくて、納豆2パックくらいの量なんだって。

豆腐でいったら300gくらいらしいよ。わかんねー♡

そう考えるとさ、イソフラボンも安易に取らない方がいいのかな?とか思ったんだけど、でも実はわたし思い返してみれば、10代の頃から2年間くらい毎日調整豆乳を1パック飲んでだの。

だから、周りからジョホルやってる?って言われるのかな?って改めて思ったw

なんかその時、肌荒れしてて、肌荒れ治したくて豆乳飲んでたんだよね~。

今肌めっちゃキレイなんだけど、イソフラボンのエストロゲン類似効果なのかな~って。

あとちょっと胸も、ほんの気持ち昔からあるんだよね・・。

とか思うと、女性ホルモン系のやつに手を出すのは怖いけど、健康食品のサプリなら長い時間をかけていけるのかな~とかも思ったり。

ただイソフラボン単体ではそこまでエストロゲン補給の大きな効果は見込めないらしく(2年とかの長期スパンで見ないといけないらしく)薬局に売ってる健康食品系で有名なのが「エクオール」っていう成分のやつ。

色んな製薬会社が出してるよ。

多分そんなに作用強くないと思うけどイソフラボンよりはエストロゲン補給に使えるんだって。健康被害出ないように絶対この手のメーカーは開発しているはずだし、ビビりな私でも安心できそう。

色々調べて、一番胸のふくらみをさりげなくしてくれそうなのがLUNA(ルーナ)ってブランドのサプリだった。

LUNA-ルーナ-ハーバルサプリメントは2種類のサプリを飲み分けるやつだよ~リンク貼っとく(こんな感じのやつ)

ちなみにこれもインスタ調べw

これ女性ホルモンの周期に合わせて2種類のサプリを飲み分けるみたいなんだけど、男性でも女性ホルモンが微量ながら生成されてるから、女性と同じ周期で飲んでいくと緩やかに変わってきそうなんだが~。

エクオールは私も初めてみたいなぁって今思ってる!

結論。ノンホル・ノンオペのブランデングぅ~。

で、まぁ長々と色んなこと書いてきた私ですが、結論、女性ホルモンガッツリやるのは、ひよってます笑

だって今健康な身体だし、メンタルもまだイカれてないし(みんなからはイカれて見えてるかもだけどぉぉぉぉぉぉおおおお♡)、そんな状態を自分の欲だけで、バランス崩すわけにはいかないな~って思ったの。

正直、ホルモンしなくてもパス度高めだとは思っててw調子のってごめんなんだけど、今さらながらノンホル・ノンオペで突き進んだらカッコよくない?って思ったw

うん、ビビってるだけなんだけどね!笑

でも、本当にホルモン治療を望んでいる人にとっては、いい商品もたくさんあるんだと思う。

実は私の妹がGIDなの。だからホルモン注射してて、そういう子たちにとってはホルモンっていうのは生きる希望にもなるし、救いの手だったり自分が存在するための理由になったりもするものだと思うの。

ホルモン治療とかホルモンを始めるにあたって、生半可な気持ちとか真面目の気持ちとかキッカケは人それぞれだから私はそれについて意見を述べるつもりはない。

例えば、私みたいに胸をつけたいだけでホルモンをしている人もいるかもしれないし、真剣に女の子になりたくてホルモン治療頑張ってる人もいるかもしれない。

でも、想いが違っても、行為は同じ。

大事なのは、自分が後悔しないように生きていくことだと思うから、色んな理由があって色んなキッカケがあっていいと思うの。

自分らしく、自分のために人生を生きていけるなら、ホルモンを始める想いに重いも軽いもないと思うの。

よくさ、MTFさんとかニューハーフさんが女装のことを良く思わないって声、聴いたこともあるんだけど、それは、コンサートチケットの抽選と似ている気がするんよね。

例えば、安室奈美恵の引退コンサート。ずっと奈美恵のことデビュー当時から応援している人が抽選当たらなくて、引退発表の年からファンになった人が抽選当たる、みたいな。

長年のファンの人からすると、わたしたちの領域に昨日やそこらの新参ものが入ってこないで~ってなるの、わからなくもないけど、実はその領域は誰のものでもなかったりするのよね。

だから、私は女の子になりたいわけじゃないけどホルモンしたいって人がいてもいいとは思うの。

それを否定したりする方が私的には違うなーっておもうんだけど、人って複雑だから。

てかMTFさんとかNHさん、ディスじゃないからね!笑

女装と一緒にしてほしくない!って気持ちもわかるけど、わたしは女装さん側の気持ちもわかるし・・・NHさんとかの気持ちもわかる・・・。

わたし、どっちもの要素持ってるから・・・。

てか、奈美恵の例えわかりにくいね?w書いてておもったwごめんw

でもでも、冷静になってもう一度本当にそれが今の自分に必要かどうか、見極める時間と判断するチカラを身に着けてからでも遅くないんじゃないかなって自分で思った。

だからわたしは胸はやっぱりお金貯めて、豊胸でなんとかしようと思ったよ~。

雑記ブログだから読みにくかったと思うけど、最後まで読んでくれた人はありがとう~全然キレイにまとめられなかった♡

頭の中にあることを、バーッと吐き出しただけだからw

また思いついたらブログも更新します~♡

ちゃお~♡

あなたのシェアが明日のおトクに繋がる♡